生体ミネラル水 プラセンタ インフルエンザ対策 NPO超健康研究会

Super Health Association
協会の活動
脳幹療法(のうかんりょうほう)


脳幹とは、中枢神経系を構成する器官集合体の一つで、生命の維持や生活のリズムを守る「生命維持装置」です。
自律神経系は、本人の意思とは関係なく体をコントロールしていますが、この自律神経の中枢が、脳幹にあります。

脳幹は、頭部の最も奥に位置しており、その一部は頭蓋骨の底部、第1頸椎と第2頸椎に、はまりこんだ状態になっています。
その第1頸椎と第2頸椎に歪みがあると、脳幹への情報の入力や、脳幹から全身への出力がうまくいかなくなってしまいます。
ピンクの部分が脳幹です。
第1頸椎、第2頸椎が歪むことで、その位置に存在する脳幹部分が圧迫され、例えばホースが圧迫されて流れが悪くなっている状態と同じように、脳幹の指令が全身に伝達されにくくなってしまいます。

頸椎の歪みが生じ、脳幹の出入力がうまくいかなくなったとき、脳幹を活性化する方法として脳幹療法が効果的である、と期待されています。

脳幹療法とは、自然整体療法とも呼ばれている、脳幹のはたらきを活性化させるための手法です。

頸椎の歪みは、程度の差はありますが、ほとんどの方に見られます。
例えば、前傾姿勢での長時間にわたるパソコンの使用、姿勢や歩き方の問題、自分に合っていない枕で寝ているなど、日常生活の中で知らず知らずのうちに頸椎の歪みをおこしていると考えられます。

脳幹療法では、頸部の位置を微妙に調節しながら、頸椎の歪みを矯正させることで、脳幹に加わっている圧迫を取り除きます。
その結果、脳幹からの生体エネルギー(神経伝達)の伝達障害を、自然な形で改善していくことが可能になるのです。
このとき脳幹の働きが活発になるので、人によってはすぐに変化を体感することができます。

脳幹療法は、海風診療所で施術を行なっています。
また、海風診療所では、院長の沼田先生の指導による脳幹療法師の育成にも力をいれており、脳幹療法を行なう治療院を全国に広げていこうという活動も積極的に行なっています。


脳幹とミネラル


体の異常が脳幹に伝わると、脳幹は体が正常に戻るよう指令を出します。
そのとき、生体電流と呼ばれる、全身への伝達信号はミネラルがなければ働きません。
私たちの体内に含まれているミネラルの割合は、約4%です。
その4%しか含まれていないミネラルが、生命を維持するために重要な働きをしているわけですが、現代人には、このミネラルが不足しているといわれています。
十分なミネラルの補充と、脳幹療法で脳幹を活性化することにより、神経伝達がスムーズになり、健康を取り戻し、健康を維持することができると期待されます。



プラセンタについて

生体ミネラル相談制度

当協会の活動について

セレクト商品の販売

お問い合せ
特定非営利活動法人 超健康研究会 〒164-0003 東京都中野区東中野3−16−18
  TEL 03-3366-1936 FAX 03-3366-1975
(C) Super Health Association All right Reserved