生体ミネラル水 プラセンタ インフルエンザ対策 NPO超健康研究会

Super Health Association
協会の活動
インフルエンザについて
2009年、新型インフルエンザが発生し、日本でも感染者が出て、さまざまな 情報が飛び交い、マスクが手に入りにくくなるなど、パニック状態を引き起こしました。
結果的には多くの感染者は、比較的軽症のまま回復し、大流行には至らずに済みました。
その2009年に流行した新型インフルエンザは、2011年4月1日からは通常の 季節性インフルエンザに変わりました。
しかし、また新たな新型インフルエンザが発生、流行する可能性もあります。 新型に限らず、インフルエンザは感染力が強く、ウイルスが気管の粘膜で急激に増加するなど、短期間で大流行を引き起こすのも特徴です。
そこで、日頃からの予防が大切になります。
冬場の乾燥した時期に流行しやすいことから、予防方法としては、うがい、手洗い、湿度を保つ他、外出時はマスクを着用することで、他人からの感染を防ぎ、また他人に感染させることも防ぐ効果があります。
マスクを使用する際、花粉や細菌に比べてウイルスは粒子が小さいため、高機能性のマスクがお勧めです。

プラセンタについて

生体ミネラル相談制度

当協会の活動について

セレクト商品の販売

お問い合せ
特定非営利活動法人 超健康研究会 〒164-0003 東京都中野区東中野3−16−18
  TEL 03-3366-1936 FAX 03-3366-1975
(C) Super Health Association All right Reserved